月刊誌バックナンバー

きらりと KIRARITO 盛夏号

きらりと KIRARITO 盛夏号表

きらりと KIRARITO 盛夏号裏

はじめの挨拶

涼しかった時期も過ぎ、夏本番を迎えましたがいかがお過ごしでしょうか。
この時期は紫外線や、高温による熱中症・夏バテ・夏冷えなど様々な不調が出やすい季節。
今回のきらりとは夏に気になる不快な「汗の悩み」を特集させていただきました。


きらりと教室 夏に気になる不快な汗の悩み

◇暑くなるこの時期だからこそ心配になる汗

特に女性は、女性ホルモンが減少することによって、自律神経が乱れて起こる「のぼせ」や汗が急に止まらなくなる「ホットフラッシュ」など、多くの汗の症状があり、お悩みの方も少なくないと思います。
そこで「汗」をテーマに様々な対策方法を調べ、M&Hラボのスタッフが実際に試してみました。少しでもあなたのお悩みに寄り添えたら幸いです。

汗に悩む女性必見!! 6つのお手軽対策法

汗の悩みの原因は多種多様。定番のものから少し変わったものまで試してみました!


◇探してみよう! あなたのホットフラッシュスイッチ

ホットフラッシュのきっかけは、人それぞれです。中には、「ドライヤーのスイッチを押す」といった行動がきっかけになる人もいるそうです。
私は、朝、満員電車に乗ると急に顔汗が出てくるので、時差通勤にチャレンジしてみました。こころに余裕が出来たからでしょうか、普段見ない景色が目にはいり、ちょっと幸せな気分になりました。みなさんも、ホットフラッシュのきっかけを確認してみませんか?

◇汗をかいたら、やっぱりアイス!

おやつに食べたアイスは一時的ですが効果的でした!
ちょっと後ろめたさを感じるときは、バニラアイスにオリーブオイルと塩をちょい足しして、ヘルシーアイスにしています。しかも、おいしさアップで言うことなし!
おすすめなのでぜひお試しください!

◇女性ホルモンで汗をコントロール

女性ホルモンには過剰な発汗を抑える働きがあるので、イソフラボンを含む豆腐や納豆などといった大豆製品を食べると、悪い汗を抑えられるようです。ただイソフラボンは腸内でエクオールに変換されることで女性ホルモンのような働きをするので、エクオールを直接取ることが1番確実ですね!

◇半身浴でデトックス

半身浴は全身浴と比べて汗をかきやすいとされているので、38℃ほどのぬるめのお湯で10~15分ほど半身浴をしました。 初めて半身浴をやってみましたが、じわじわと全身が温まり、少しベタつくような汗をかきましたが、その後寝た時にかいた汗はサラっとしていて、いつもよりニオイも気にならなくなり、少しスッキリすると感じました!

◇お顔そりで化粧崩れを防ぐ!

朝から暑くて、まだ午前中なのにお化粧が浮いてしまい、ガッカリ…。
思い切って顔のうぶ毛を剃ってみると抜群に化粧のりと、化粧もちが良くなりました!!
肌のトーンもアップし、女っぷりが一段あがった気分に♪
1度お試ししてみては?!

◇舞妓さんもやっている⁉
「ワキ下の圧迫」と「ツボ押し」

面倒臭がりの私はこの二つを試しました。化粧崩れを防ぐため、舞妓さんはワキの下にある 「大包(だいほう)」を帯で圧迫し、顔とワキの汗を出にくくしているそうです。そこで帯の代わりにゴム紐で「ワキの下」を縛る方法と、汗が引くツボと言われる手の小指付け根「後谿(こうけい)」を5分ほど押す方法を試してみました。気になる結果ですが、正直違いがよく分かりませんでした…。


きらりと通信

クイズ&アンケート、どしどしご参加下さい!

いつも「きらりと」をご覧頂き、誠にありがとうございます。「きらりと」は、無事2周年を迎えることができました。
これからも、より一層お客様に寄り添った内容をお届けしたいと思い、アンケートを実施させていただきます。
同梱のアンケートはがき、またはQRコードを読み込み、必要事項をご記入いただき、ご応募ください。
いただいたアンケート内容はきらりと紙面に掲載させていただきます。皆さまのご応募お待ちしております。

  1. (きらりと初夏号)←前へ

  2. 次へ→(きらりと秋号)

つるかめ健康ニュース便(過去の月刊誌)

 

 

きらりと KIRARITO